熊谷留美子が運営するエグゼクティブクルー株式会社 | ブログ

ブログ | Blog

2016/01/12

「簡単、イカの塩辛」

「簡単、イカの塩辛」 | サムネイル画像

こんにちは、女性の応援団 モチベーションをアップするコーチの熊谷留美子です。

 

なんといっても簡単料理でないと働く女性はつとまりません。

しかも、手作りだと本当に自分の心にもゆとりが生まれてきます。

そこで今回は、イカの塩辛!

 

漁師さんの一言、

「いかは新鮮だったら、塩をパパパッとフルだけで美味しいのができるよ」

が決め手でした。

 

それでもって、つくりました。

3杯で400円、安い!

 

いかの皮というか黒っぽいのを取るのが、実は難しいし、とれると「すごいでしょ」って自慢したくなっちゃいます。

ただ、黒い皮は、とれなくてもいい感じで漬かっていましたよ。

掃除が楽になるように、紙の上で解体します
いただいたお菓子の紙は重宝します。

 
ポイントは、だいだい色で囲んだ「墨袋」を取り除くことです。

こんなに黒くなっちゃう物体、墨袋があるって、いままで知りませんでした。

簡単に取り外せますよ。

前回、これをそのままつかったら、美味しかったのですが、見た目が少々グロテスクでした。

ちなみに、今回はじめて知ったのですが、この墨袋からでるイカスミは、アミノ酸がいっぱいいっぱい入っているそうです。

あぁあ、捨ててしまったのは、もったいなかった!

 

新鮮さが写真からもわかりますね

真ん中のものが、肝です。

これを指で絞っていくだけなのです。

その後、パパパッと塩をかけるだけです。

少量でよかったです。

 

 

実に簡単でした。

私は、この塩辛を、キムチを作ったときに、アミと一緒に入れました。

大雑把な切り方の塩辛でしたが、実に風味がでていました。