熊谷留美子が運営するエグゼクティブクルー株式会社 | ブログ

ブログ | Blog

2016/02/17

社会の70点に注目した息子に感動

社会の70点に注目した息子に感動 | サムネイル画像

こんにちは、女性の応援団 モチベーションをアップするコーチの熊谷留美子です。

 

息子が小6の頃のエピソードです。

三者面談があり、今回の目的は、中学はどうするのか?  でした。

 

 

我が家のモットーは、「選択肢の多い人生」なので、

中学は、4つの中から選ぶことにしていました。

 

 

その中の一つが今、通っている学校をそのままエスカレーターに乗る方法。

 

これが大きな問題になりました。

ジャ~ンと見せられた実力テストの結果!

 

 

そう、先日テストの後、

「おかあさん、僕は天才だった!  だって、全部答えられたんだよ、すごいでしょ」

と確か、確か聞いていたのですが・・・・

 

算数36点!

 

パッと入ってきた数字・・・。

そして、担任の先生は「受験をした場合は、このままでは合格はできないでしょう」・・・でした。

まっ! いいか・・・とは思ったのですが・・・。

 

 

帰りの車の中でのユウキに私はとっても感心し、心が洗われたのです。

 

 

「ねぇ、おかあさん。  僕やっぱり天才だったでしょ」

「??????」

 

 

「社会は70点だったでしょ。 すごいでしょ。」

 

 

そう、いい点数にスポットライトを当てていたのです。

なかなかできない、三者面談の空気の中で、こんなに「いいことのみ」に

スポットを当てているユウキって素敵!

 

私ってまだまだだなぁ・・

少ない点数にスポットライトをあてていたのですから。

 

子育てのポイントになるなぁと思いました。

まだまだだなぁ・・、私。

 

 

思わず、「そうだね、えらかったね。 今日はお祝いだ!」

と、おいしいものをいただきに外食をしました。

 

その後、本屋さんでロバートキヨサキの新刊を読みました。

パッと開いたそのページに、「学校での能力がすべてでしょうか? 」

いろんな能力があることを紹介し、やはり「潜在意識脳」をいかに発揮するかに注目したほうが

いいように書いてあったのです。

 

 

う~ん、天はその時にふさわしい言葉をプレゼントしてくださるのですね。