熊谷留美子が運営するエグゼクティブクルー株式会社 | ブログ

ブログ | Blog

2016/02/12

重い蓋の開け方

重い蓋の開け方 | サムネイル画像
こんにちは、女性の応援団 モチベーションをアップするコーチの熊谷留美子です。
私はワクワクしたいことだけをして生きていきたい!
(そんなことをして生活ができるの? なんて思っていました・・・つい、最近まで)
じゃ、ワクワクに集中しよう!と思っても、出来ない自分を発見!してしまうのです。
それが、「重い蓋」でした。


いくつも、いくつも出てきました。
なんとなく重~い、暗~い感じ!

ただ、「気づく」だけでいいということがわかったのです。
ルンルンなのです。
つまり、「重い蓋がコンプレックス」だとしたとしても、それはもうどうしようもできないのです。
そのコンプレックスをなくす努力をする必要もないのです。
(それにどんなに頑張っても一生上には上がいるという事実があるので、なくなるものでもない・・ということにも気づきました)
「私、コンプレックスがあったんだ!」
と、気づいて認めるだけでよかったんです。
なにか出来ない自分を発見したときに、「あぁ、コンプレックスの思いがあるんだなぁ」
と認めるだけで心が晴れました。
すると、一歩が私は踏み出せました。

目的は、「自分の得たい結果を得る」
なのに・・・、
動けない自分に集中していたのです。
笑っちゃう!
人には、言っているのに・・・。
今後気づいたときには、「重い蓋オープン♪♪」という項目をつけて、書いていきます。

そう、魔法のランプをこするような気分で、「オープン♪♪」していきます。
煙がもうもうとでてきて、ジニーが
「ご主人さま、よくオープンなさいましたね、それではお望みのものを1つ叶えて差し上げましょう」
なんて声をかけてくれるような気分になりました。



ハイジのブログ
        我が家の魔法のランプです。



このオープンの時のおまじないは、
「人差し指を立てて、コンプレックスがあったんだ! オープン♪♪」です。

重い蓋に気づきやすくなっちゃいそう!
おまじないの言葉は、ワクワクしてしまう!
決~まり!

早速家族に披露!
拍手でした。
何よりも、人差し指を立てるのが、ツボとコツのようです。
楽しい!